採用情報 Recruit

岸 誠貴Seiki Kishi

先輩社員データ

所属 土木工事部
入社 平成30年

先輩社員インタビュー:岸誠貴

仕事の魅力・やりがい

先輩社員インタビュー:岸誠貴

森長組は新人に挑戦させてくれる会社です。1年目の時に大きな仕事をしたいと希望し、東京で世界一のクルーズ客船が停泊する岸壁築造工事に参加することができました。2年目からは地元淡路島で約20名ほど下請負業者の作業員の方々がいる現場で働いています。そこで先輩に「現場を1人で進めてみて」と任されることがあります。自分より知識のある年上の作業員さんに対して指示を出し、同時にその通り工事を進めてくれているか管理をするのは大変な部分があります。時には現場について悩み、先輩にアドバイスをもらい、時には作業員さんの経験や技術力に手助けしてもらい、話し合いをしながら現場の様々な課題に取り組んでいきます。そうした日々の細かな打合せと多くの方々の協力があり、自分が動かしていった現場が少しずつ形を変えやがて、それが道路やコンクリート構造物となって残る。先輩が挑戦させてくれたからこそ出来上がった時の感動はすごく大きい。その時の感動がやりがいとなり今の仕事のモチベーションに繋がっています。

森長組を志望した理由

先輩社員インタビュー:岸誠貴

私は「Uターン就職」を希望し淡路島内の企業に絞って就職活動をしていました。金融業、製造業、サービス業と様々な職種がある中で、私がこの建設業を志望した理由は、大学時代に学んだ法律の知識と小学校から今まで続けてきたスポーツにより、体力には自信があり、それらを活かせると思ったからです。その中でも森長組を志望したのは、明石海峡大橋を始め南あわじ市の潮美台の造成工事や阿万バイパスの道路工事など淡路島の大規模な仕事から地域に密着した仕事までできると思ったからです。また自分の作ったものが形として残り、地元の人々の役に立ち、それがやりがいに繋がる仕事が出来るのが森長組だと思い、この会社を志望しました。

就活生へ向けたメッセージ

先輩社員インタビュー:岸誠貴

私は就活をしている時に会社のホームページ上の先輩社員インタビューで「建設業の仕事は何も建設関係の高校や専門学校、大学を卒業しないと出来ないということはない」と言うのを見て興味を持ったのを覚えています。入社してみて知ったのですが、確かに土木施工管理職の職員には土木学科以外の学校を卒業した社員が多くいます。「自分は文系学部なので測量もできないし、専門用語も知らない。建設業界なんて出来るのかな」と思っていましたが、この業界は「経験工学」と呼ばれていることを入社してから知りました。実際現場に出てみて学ぶことが多く、造成工事や道路工事など、それぞれの工事に適用した測量を経験することが大事になってきます。またそれぞれの現場でよく聞く専門用語をその場所で学ぶのも大事なことの1つです。どんな経歴を歩んできてもスタートラインは一緒なんです。そして私も始めは不安になっていましたが、日々の現場での勉強を欠かさずしてきたお陰で2年間やってこれました。今では何も知らなかったことが毎日の勉強となりこの仕事の面白みとなっています。最後になりましたが、森長組の説明会に参加しようかと検討中の皆さん、土木の知識がなければ説明会での質問も中々思い浮かびませんよね。測量のレンズから見える景色はどんな感じなのか、どのように1つの構造物(道路、水路等)ができあがるのか?こんな簡単な質問でもしていただくともっと建設業に興味が出てくるはずですよ。これらの質問をネタに説明会に参加してみてはどうでしょうか?

先輩社員インタビューの一覧へ

ページの先頭へ